2018年2月27日火曜日

春ブルー


支笏湖春ブルー始まりました。

凪ぎが増えるこの時期+春の透明度=春ブルー



いい天気。

春の空気


北海道開発局関連の水辺の利用を促す写真素材の撮影「冬バージョン」

本当であればもう少し早く撮影を行いたかったのですが

氷濤の大波には逆らえずこの時期となりました。


厳冬期の2月も終わりに近づき空気は春近しモードへ。

気温は低いのですが、陽射しの強さや肌に感じる風が変わってきています。

冬の祭典の終わり


11月から始まった冬の祭典の制作作業。

バタバタのせいか全く長いとは感じず

あっという間に冬が終わっていきました。

今年は氷濤まつり40周年記念イベント青の祭という

青と白のライトアップの新たな挑戦もあり

もっとこうした方がいいんじゃないか?

こう変えてみようか?と毎日頭はフル回転。

まだ解体作業はありますがここで頭は一区切り。

冬に後回しにしてきたことや春からの動きを本格始動させていきます。

お盆と変わらぬ、いやお盆以上に忙しい冬の戦いがやっと終わりました。

2018年2月7日水曜日

奈路交流

当地域の支笏湖小学校は高知県南国市の奈路小学校と学校間交流を行っており

生徒と保護者そして学校関係者がお互いの地域へ行ったり来たり

毎年繰り返しています。

今年は迎え入れる年という事で約30名の奈路小関係者をお迎えしました。

氷濤まつりの見学や、そり滑り大会等々

高知では味わえないことを工程に入れるのですが

今回はウィンターカヌーを導入してみました。


寒い朝でした。マイナス10度越えの真冬日。



そんな中支笏湖小学校の全校生徒13名と先生、

奈路小の高学年と保護者、先生合わせて30名ちょっとが

カヌーを体験。

服についた水しぶきがガチガチに凍る冬ならではの体験となりました。


その他北海道の給食と地元千歳のご当地バーガー「千歳バーガー」の試食会。


夜の住民交流会ではよさこいの披露等々

大変盛り上がった交流を行えました。


奈路のみなさま楽しい時間をありがとう。

11月には今度は派遣団としてそちらへいきますね。