2017年12月5日火曜日

2018氷濤まつり制作の裏側レポート

昨日までは秋景色。
満月の夜、どかっと降りまして、
あっという間に膝丈まで!


「店の前にカヌーがないと何だか寂しいよね~」
と設置してみるやいなや。


氷濤陣(今年は13人)の様子を除雪がてら伺うと、
最も大きな氷像:「ビッグマウンテン」制作中でした。

青い氷壁を見上げるとまあるい青空がお目見え!
‥という「インスタ映え」する氷像ですよ。


今冬は、赤いぞ、かのあ代表:なおきさん。
すっかりベテランであります。


‥と思ったらもう一人赤いの発見。
左:カヌーガイド&右:『中央ボート』貸出屋(チーム湖畔)コンビの絆は固い!



背中で語る制作部長。
ポロピナイ(支笏湖北西側)で夏はヒメマス漁師・支笏のカリスマ:ノリさん。


こちらもチームポロピナイより。
遠くからでも黄色いヘルメットですぐ分かる、
若きツートップの片割れ:あらきくん、元美容師です。


骨組みを見ていると冬なのだなと改めて実感します。
支笏湖の冬の風物詩的風景かと。

‥え?近くで見てみたいって?

今までは本番まで「立ち入り禁止」の氷濤現場なのですが、
今年は見学できるようになりました!
満を持してのスタートです!
※他ツアーと同じく予約制となります。


R.ABE

0 件のコメント:

コメントを投稿