2017年12月28日木曜日

祝!!10年連続水質日本一


写真は夏の写真ですがこの度「支笏湖」が公共用水域水質測定

という環境省の調査において10年連続水質日本一の湖となりました。

以下北海道新聞より文章を拝借。

【支笏湖畔】全国の湖沼を対象にした環境省の水質測定で、
千歳市の支笏湖が2016年度まで10年連続で日本一となった。
数値が低いほど濁りが少ない「化学的酸素要求量(COD)」が、
16年度に測定対象となった187湖沼の中で最も低かった。
環境省によると、10年連続1位を達成したのは支笏湖が初めて。
 環境省は、各自治体が測定した結果を基に1988年度から順位を付けている。
支笏湖の水1リットル当たりのCOD値は0・7ミリグラム。
全国2位は倶多楽湖(胆振管内白老町)の1・0ミリグラムで、
全国平均は3・2ミリグラムだった。
 支笏湖に次ぐ連続日本一の記録は、倶多楽湖の3年連続。

0 件のコメント:

コメントを投稿