2017年11月29日水曜日

ウィンターカヌークルージング、始動!

ここは日本最北の不凍湖。
ここより北に位置する湖はすべて凍っていくので冬季のカヌー体験はお預けとなる。

支笏湖でなら、漕ぎ納めをすることなく、
冬も漕げるというわけです。

11月中頃から制作が開始された
『2018千歳・支笏湖氷濤まつり』会場の脇からスタートです。


夏とは比べものにならない強風・寒さ対策のため、
団体ツアーでも使用しているカタマランを準備。

二つのカヌーを一つにつなげることで飛躍的に安定感を高めて実施中。



たまに無風状態の穏やかな日に当たることも。


夏と違って、他に人がいないので、
とにかく静か。


この日は水墨画風味。

今までスタッフだけで独り占めしていた、
人ゴミとは無縁、知られざる贅沢な季節。


冬の透明度は30メートルとも言われています。


話に夢中になる者、寝っ転がる者、何かを見出す者。
それぞれの楽しみ方を探しに。

photo by DAISUKE.K

R.ABE

0 件のコメント:

コメントを投稿