2017年11月13日月曜日

氷濤まつり40周年記念イベント【青の祭】


今年で40回目を迎える千歳・支笏湖氷濤まつり

開催期間は2018年1月26日~2月18日。

実はそれに加えて2月21日~2月25日までの5日間で

「氷濤まつり40周年記念イベント【青の祭】

というものを行うのはご存知でしょうか?


仕掛け人の一人でもある私がちょっと説明を。

すべての始まりは40周年という事で新しいチャレンジができないだろうか?

という漠然としたテーマから始まりました。

アイスバー?チェーンソーアート?記念氷像?第一回目の会場を再現?

色々な案が出る中で一つ浮き上がったキーワードが「シンプル」


氷濤まつりのイメージは色鮮やかでカラフル。

それがイルミネーションとしてみればきれいなのですが

もっとシンプルに全体の光量を抑えて会場全体を少し暗くし

電飾は「青と白」のライトアップだけで会場を照らすと

どんな感じになるだろうか。

そんな事を思い、実は昨年のまつり期間中に少しだけライトアップを試してみました。


結果。

これはいける!!!!

そんな確信をもって「青の祭」を動かし始めた次第です。

2月の中旬(氷濤期間の後半)は氷像の氷も薄くなり

正直ダイナミックさには欠けてきます。

ですが逆転の発想でいうとそれは「より光が抜けやすい」

というプラスな面も存在します。


同じ会場で、中二日で全く雰囲気の違う祭りを行う。

2度楽しいイベント。

なかなか大規模なこういうイベントは聞いたことがありません。

それを行うにはライトのすべての付け替える

という途方もなく大変な作業をしなくてはいけません。

そのために氷濤まつりが閉幕し、青の祭を開始するまでに

2日間作業日を挟ませていただいております。ご了承を。



初の試みですのでイベント自体の過去の写真はなく、

あくまで氷濤まつりの青いライトの氷像写真ですが

こんな感じでライトアップされた氷が会場を埋め尽くします。



前にも記載した通り氷自体は薄くなってきており

青の祭時期にはところどころ骨組みが見えてくるかもしれません。

基本的には夜のライトアップ時がおすすめのイベントとなりますので

是非氷濤まつり本体と合わせて「青の祭」にも足をお運びください。

制作部の我々自体もとても楽しみで気合が入った冬が始まります。


0 件のコメント:

コメントを投稿