2017年5月22日月曜日

キャンプとキャンプの中日


天気がいい日が続き、増水した水も落ち着きを取り戻してきました。

周囲の山々は青々と輝き、この日より田植えが始まりました。

しばらく同じベースにいるとそんな自然の変化や暮らしの変化が見えてきます。


翌日より始まる2本目のキャンプに向け中上流部へ。


なかなか気持ちの良いスプラッシュです。



次のベースはTentipi。

今日は静かなティピも明日は賑やかになることでしょう。



北海道エコ・動物自然専門学校キャンプ&カヌー実習2017 Day2


「昼から風が出そうだし漕ぐ場所が下流域なので6時半には出発したい。」

学生たちは起床・朝食・撤収を逆算して4時半起床。


あたりは霧に囲まれ気温は7度。

朝食を作る焚火が暖かく、人が集まる。



予定通りのスタート時間には霧がちょうど抜け始めたところ。




南に抜けていった霧を追いかけDay2のカヌースタート。





普段のツアーは絶対持ち歩かないハードバケツ。

そんなものも学生たちのチョイスには含まれていて・・・邪魔そうでした(笑)





去年も今年も人工物のポーテージを含むコースでツアーを行っています。

日本の川がどうなっているのかを肌で感じることが出来る。

さらに上流から下流までカヌーに乗ってゆっくり水の流れと共に

周囲の環境を見てくると、この違和感は計り知れない。

ダムがあることがダメだという訳ではなく現状を知ることがまずは第一歩。


人工物を、手元の道具で、ある知恵で乗り切る。



ロープでシステムを組んでみる。

写真はガイドとアウトドア専攻の担任。


海は目と鼻の先。ゴールの浜。

「カヌーに乗って旅をする。」

カヌーの技術を習得してほしいのではなく

学生たちには「生きる力」を

「生きる知恵」を感じてほしい。

そんなことを強く考えた時間でした。

チームで動く事、主張するところ、相手を尊重して引くところ、天気読み、火おこし

水の使い方、石の使い方、砂の使い方、木の使い方、時間の使い方・・・。

この業界の話ではなく、一般社会でもしっかり役立つヒントが野外にはあります。

この学校生活ではそんな全員が未来に役立つ知恵を

学んでほしいなと考える卒業生なのでした。

自然の中で生きること学びたい方是非北海道エコへ(笑)





北海道エコ・動物自然専門学校キャンプ&カヌー実習2017 Day1



の「自然調査アウトドアガイド専攻」の野外実習。

2年前までは支笏湖の1Dayでしたが

昨年より鵡川での2Dayとしています。

1年生はこの時期入学して間もないということで

ツアーに参加をする形でキャンプ&カヌーを【体験】をしてもらい

2年生野外実習を数多く積んできているので

個人装備・野外調理・ベース設営等【実践経験】を積んでもらっています。



レクチャーの図。





今回は約30kmを下りその最中に1泊。

すべての道具をカヌーで運ぶため

 濡れて困るものは防水バッグへパッキング。



積み込んだら今度は落ちないように固定。



水や食料はとにかく重い。

乗った瞬間皆口を揃えて「おもっ・・・」。





15時を過ぎると空気感も変わり

夕方の雰囲気。


良さげなところでちょっと流木集め。

泊まる場所は皆で考え、効率よくストレスが少ない場所を選定。


今日の寝床。


実習の決まり「バーナーは使わない」

焚火料理をお勉強。



夕食も終わり夜はまったり学校生活の事。

これからの進路の事をつぶやく夜でした。

■PR■


自然環境やアウトドアの知識を身につけ、大自然の魅力を伝えるプロを目指します。

北海道の大自然の中でたくさんの事を学びませんか?









2017年5月11日木曜日

お花見ツーリング

 
5月11日、千歳川源流も桜の見頃となりました。
ゴールデンウィークも過ぎ、
プライベートツアーを味わうには絶好の時期。
 
 
 
 
綺麗に満開が見える時期は短いので、
わたし的には今が一番見頃だと思います。
 
 
 
 
 
 
高嶺の春の女神。
花言葉は優美。
 
白根葵も顔を出し始めました。
 
 
 
 
 
 
 
今年初の白根葵を見た本日のツアーは、
湖面も、完全なる美。
 
好い凪。
 
 
 
 
 
 
目の当りにする風景。
こんな場所が日本にもあるのだな。と思わせてくれる。
 
そんな湖、支笏湖。

2017年5月10日水曜日

支笏湖ボート転覆事故

支笏湖のボート転覆事故についてのお話。

まずは被害者のお二人のご冥福をお祈りいたします。

被害者のお二人、そしてご家族は大変悲しく、苦しい思いをしたと思いますが、我々にできることはそれをしっかり受け止め、今後の安全啓発活動を行うという事に尽きると思っております。

これまでも支笏湖に拠点を置き、ツアーや講習等で支笏湖の風の話、フィールドに出る際にはこんな事に気を付けた方がいい等の安全啓発は行ってきましたが、フィールドを訪れる方すべてに情報を提供するのは難しくこのような事故となりました。

カヌーガイドというフィールドの安全を守る立場の人間として自分たちにももっとできることがあるのではないかと痛感しております。

今回のボート事故は2人とも死亡という最悪の結果であり、GWの水の恐ろしさを全国的に発信した事故となりました。

「予報は予報」であり、「未来予知」ではありません。

自然は実に気まぐれで一瞬で予想外の出来事が起こります。

自然の中で遊ぶことは過去の経験・データから現状を客観視し、その時々で適切な判断を下せるかどうかがカギとなります。

それは水の上であれ、山の中であれ同じことだと思っています。

今年のGWは非常に暖かく、国内で一番暖かいのが札幌。という日もありました。

支笏湖も5月4日、5日は暖かく25℃ほどになりました。がしかし、水温はまた別の話で基本的に外気温が上がったからと言って水温がすぐにあがるわけではなく、事故時の水温は+1度でした。

これはドライスーツ等のウェアリングをしていなければ5分もたない水温です。

今回の方々はボートを買ったばかりでそういった水温や気象、エスケーププランへの対策知識が薄かったと考えられます。

そして今回のキーでもある風。

ボート・カヌーの天敵は雨ではなく、風です。

風が強いと漕いでも進まず、波も高くなり、場合によってはボートはひっくり返ります。

データによると当日の瞬間最大風速12mとなっていますが

現場にいた私はもっと強かったように感じます。

結果論として「注意報」が出ていたのになぜ?と思うかもしれませんが、

注意報レベルは「注意する」という程度で、現にうちのツアーも注意報のみでの中止はしておりません。

当日の朝は恐ろしいほど湖面が穏やかでした。

地元民は「逆に恐ろしいね・・・」という話をしながら湖面を眺めていました。

この「逆に」という感覚が注意報や気象データを情報として頭に入れた上で経験や感覚的に出した「勘」だと思います。

注意報や警報が出ているから今日はやめるという判断ももちろん大事です。

ですが初めにお話しした通り自然は気まぐれでいつ状況が一変するかわかりません。

フィールドに出る際はあくまでデータはデータ、それに加え自分の目で見た感覚や雰囲気を大事にしてください。

自然の中に入るには知識(勉強)も技術(練習)も絶対的に必要です。


最後に支笏湖は札幌から近く国立公園内の国有地に位置する水質日本一のとても美しい湖です。

哺乳類・鳥類も豊富でカルデラ壁や火山地形はとても見ごたえがあります。

そんな魅力あふれるフィールドであるのとは裏腹に周囲40km、最大水深363mの

日本最北の不凍湖は低い水温と水深300mを超える深さからなる大きなうねり、

1000m以上の山からくる強い吹きおろしの風。

動力船規制の為湖上には人の姿も少なく何かあってもすぐに見つけてくれたり

救助にいくことが難しい国内のフィールドの中でも非常にリスクの高い湖であることは間違いありません。

GWも終わりこれから全国的にアウトドアシーズンとなります。

海・山・川どこにいくにも情報が少ない場合には専門的な知識を持つ方に相談し

アウトドア活動と楽しんでいただければと思います。

■かのあがツアー時に確認するウェブサイト■
気象庁 
GPV気象
ピンポイント天気

千歳川ダウンリバーは桜満開


千歳川ダウンリバーは桜満開。

見上げる春色の空。



 下草も色とりどりに色づき中。



オオバナノエンレイ草原


カヌーで立ち寄り。


徐々に緑も増えていよいよグリーンシーズンの到来です。