2013年8月30日金曜日

カヌー乗ってきました。


釧路川でカヌーに乗りました。

かなやま湖でカヌーに乗りました。

積丹でカヤックに乗りました。


今日もそんなカヌー経験者がゲスト。
 

たとえば1年に一回どこかでカヌーを体験するとする。

体験終了後すぐは大抵の方が「楽しかった!!!」と思うはず。

そして何日かするとその熱も下がり、次に思いだすのは

1年後どこかでカヌーに乗った時。

前回と比べて・・・という比較が勝手に頭の中でよぎる。


そんな時でもやっぱり「支笏湖が」「かのあが」いいと言ってもらいたい。

何年もたてば1から10まですべてをずっと覚えているのは不可能で、

頭に残るのはほんの一部。

その一部はきっと私たちが

「どんな世界を見せたいか」

「どんな想いでガイドをしているか」

そんな所から来るのだろう。


カヌーの事を、支笏湖の事を、自分の事を

もっと知り、より良いガイドが出来るように進んでいきたい

そんな事を感じた今日のツアーでした。

 

シーニックバイウェイ


「シーニックバイウェイ北海道」のロゴ。

??シーニックバイウェイ?

----------------------

【以下シーニックHPより抜粋】

 シーニックバイウェイ(Scenic Byway)とは、

景観・シーン(Scene)の形容詞シーニック(Scenic)と、

わき道・より道を意味するバイウェイ(Byway)を組み合わせた言葉です。

地域と行政が連携し、景観や自然環境に配慮し、

地域の魅力を道でつなぎながら個性的な地域、

美しい環境づくりを目指す施策です。

平成17年度より全国に先駆けて「シーニックバイウェイ北海道」としてスター ト。

 ---------------------- 

そんなシーニックバイウェイの「支笏・洞爺・ニセコルート」というエリアの

フェイスブックを今年から担当させていただいております。

是非こちらもご覧ください。



 

2013年8月29日木曜日

リピーターと最高のありがとう


 一昨年のツアー参加者が大阪から帰ってきた。

前回の参加後もかのあの事を気にしてくれていたようで大変嬉しく思います。


「サングラス姿なら載せていい」というお許しを得たのでとりあえず(笑)


次はいつくるかという話をしながら漕ぎで行く。

当たり前の前提として「また来る」という事が決まっている会話。

こちらとしては大変嬉しい瞬間です。

 久しぶりの美笛は少し景色が変わっていた。
 

ニナル川は倒木で溢れ

美笛川は紅葉が始まる。

西側もやっぱり綺麗ですね!!




午後からはファミリー。

北海道で何度かカヌーに乗っているこの家族。
 
 「ホントに楽しかったです」 

と言ってくださりました。

短い言葉でも心のこもった言葉は胸に響きます!!



2013年8月28日水曜日

前乗せ

ツアーでは1人の参加者or奇数の参加者はガイドと一緒に

乗っていただくことがあります。

今日のSoto Cafeは午前も午後もそんな前乗せのゲストでした。



弟子屈に住み、釧路川でカヌーに乗りました。

6月に洞爺でカヌーに乗りました。


ゲストからは色々な話が出てきます。

きっと支笏湖でカヌー乗りました。

と今後は言ってくれるでしょう。




2013年8月27日火曜日

秀岳荘×かのあ


いつもと違った雰囲気の湖上。

今日は夕方から撮影。


モデルとなっている人は・・・。

これは秀岳荘の竹内さんではありませんか!!
 


サッポロビール×JR北海道の特設webページの撮影でした。

参考までに以前のものはコチラ!!


2013年8月26日月曜日

カメラのモードを変えてみました。


いつものファミリーカヌー風景もカメラのモードを変えるとちょっと違った雰囲気。

この辺は好みが分かれますかね。


見上げる写真


風景の切り取りかたを変えると同じフィールドでも

全く違う雰囲気になる。

そんな事を頭におき、写真を撮ろうとするが

中々うまくはいかないものですね。

結局大半はいつものような写真になってしまいました。


体調を崩すことなく夏を乗り越えた安部氏。

今日の午前は寒かったため長袖で登場。







明日はカヌー塾&ちょっと変わった取材(笑)

2013年8月25日日曜日

カタログの2つの役割


ふとした時にカヌーのカタログを開く。

カタログは商品の品定めの道具であるのと同時に、

メーカー側がどんなイメージでカヌーを制作しているか

どんなシチュエーションを目的として

作っているのか知れる大切なツールです。


ツーリング・レクリエーション等の項目には

それぞれの雰囲気がよく出ている。



今年も売れ行きのいいこのシリーズ。「前名ダックハンター」

現在は「ヘリテイジエディション」

そんな制作者の想いの詰まったカタログも日本の代理店カタログになると・・・

 

想いの全くないただの商品説明になってしまう。

これは個人的に大変残念な事。

そんなこんなで私はオリジナルサイトやオリジナルカタログを見るのを

趣味としています(笑)

太陽を感じて足水


Photo by 安部の午後のSoto Cafe。

今年は何度もゲリラ豪雨にあっていますがその中でも

トップクラスのゲリラに今日は遭遇・・・。

とはいえさすがゲリラ。

すぐに止み、途中からはこんな素晴らしい天気に。


 悪天候から始まった為、太陽のありがたみがとてもよくわかり、

普段は日影で行う休憩を今日は日向で行う。


終了と同時に再び豪雨となった慌ただしい1日でした。


2013年8月24日土曜日

静水カヌー塾



静水カヌー塾。

一般カヌー塾参加者とキャンパー16購入者とヘリテイジ購入者の計5名。


 

途中少し雨に降られましたが特に問題なし。


昨年ファミリーカヌーからカヌーにハマったゲスト様。

ピカピカのキャンパー16レッド。

 

お盆を過ぎ少し余裕が出てきたこの時期。

講習の頻度も少し上がり始めます。


流水カヌー講習~丸一日ガッツリDay~


カヌー塾流水編。

顔の知れたカヌーナビゲーションパドラーの皆様。

朝九時開始とともにガッツリ漕ぎ始め、

結局終わったのは18時越え。

その間漕ぎ続けたツワモノ達。

きっと今日は体が痛いはず(笑)



話題は今年はちょっとカヌーブーム来てるよねという

パドラーなら嬉しい話題。


オリーブ・サンド・レッド・グリーンと色とりどりのカヌーを積んで

午後のスタートへ移動。


タンデムで遊んでみたり、


 バックストローク・ドロー・プライの確認をしたり、

普段あまりやらない動きを中心に漕いだのが

体の痛くなった原因。





途中にはそろそろサケかな~なんて思っていたら・・・

ビンゴ!!


遡上を始めていました。



段々傾いてくる太陽。



お腹いっぱいの流水編でした。