2012年8月31日金曜日

エメラルドグリーンを行く

昨日の報告です。

朝一の湖。波は高めで「ザワザワ」だね~と話すガイドたち。



そんな事全く関係ない千歳川源流部。


全道的に気温が上がった昨日、支笏湖は気温29度。



ファミリーカヌーも必然的に水遊びが混じります。




「ホワイト社」の「スカウト」が追加されたかのあカヌー。


オリーブ・グリーン・レッドに加えブルーが仲間入りしました。

2012年8月29日水曜日

1日中ドシャブリ支笏

朝の天気予報では支笏は曇り。

のはずが・・・ものすごいドシャブリが待っていた。



AMツアーが終わって天気予報を見ると

支笏湖の上にだけ雨雲が・・・でも14時半には雨はやみそう。


・・・雨は止まず結局20:00の現在も雨。


湖は風が強めでお客様の体力を考え川の中でのツアーに変更。


Soto Cafeもいつもとちょっと違うスタイル。


完全霧の中。 


今日はカメラの設定の関係でピンボケが多くスミマセン。

2012年8月28日火曜日

1日を振り返る14枚の写真


今日はオーダーツアー。

ゲストは東京からの2人。

ちょっと嫌な風向きの予報でしたが、

あけてビックリベタ凪でした。



源流ではない元祖青のトンネル



気温が高めだった今日は、冷たい沢水から霧が立ち上る。

まるで冷蔵庫を開けた時のように冷風が辺りを覆います。


「立てる水面」もこれだけ穏やかだと見ごたえあり。


「湖面」


完全な鏡の水面。



美笛川河口では今年マッドリバーからオールドタウンに買い替えた

Nさんのキャンパーを初お目見え。


河口での記念撮影。



湖を眺めながらの昼食



最後に牛のような木(笑)

2012年8月27日月曜日

支笏ブルーとシュノーケル


夏と秋の間。

今日はどちらかというと夏の雰囲気。


「支笏ブルーだね!!」とお客様。

確かに今日は素晴らしい青さでした。


お客様同士の会話も弾み休憩中も盛り上がる。



ホントは今頃 沖縄の宮古島にいたはずのご家族。

代わりに支笏湖でシュノーケリング。



夕漕ぎはいつも癒される。

1日の終わりに今日のお客様の事を思い、明日のお客様の事を考える。


明日はどんな1日になるだろうか。


2012年8月26日日曜日

ファミリー四回転

8月もあと5日で終了です。

予約を見ていても10月の予約なども入ってきていて

秋がくるな~、あと2か月したら初雪だな~

と考える事が増えてきました。


そんな中でもまだまだ元気なファミリーカヌー。


赤い夕陽に照らされて紅葉したかのような木々の色。


蒸し暑かった日中を忘れさせてくれる夕方の涼しい風。

そして今日は10:00、13:00、15:30のレギュラーファミリーに加え、

イレギュラーで17:00~18:30ファミリーカヌーを実施。

お客様は札幌のドーナツ屋DOKODA代表渡辺氏。


歌い手としても活躍する彼はギターを持っての参加。

ツアーにギターを持ち込む人は初めて(笑)

軽い水上ライブもあり楽しい時間を過ごせました。



渡辺氏は私の中学からの友人。

9年前私がカヌーを始めたときからカヌーの話を色々としてきましたが

カヌーに乗ったのは今日が初めて。

ようやく今ある自分の世界を紹介できたようでとても嬉しかったです。

是非【こだわりのドーナツ屋DOKODA】にも足を運んでみて下さい!!



2012年8月25日土曜日

セルフレスキュー講習会報告

本日はセルフレスキュー講習会。

レスキューといってもフィールドや天候、水量、風、波等々、

状況によって無限にパターンがあるため

これができればOK!!というのはなく

柔軟な発想を鍛える、正解のない講習会です。

色々なレスキュー方法は知っておくと役に立つ!!

実践で使う事の多いレスキューを実践していただき、

理想論的なレスキュー方法はデモを見せるような形で講習会を行いました。




 まずはセルフレスキューファースト。

自分の命が最優先です。ひっくり返ったカヌーの事より、

周りのカヌーの事より「自分の今ある状況を把握する」

という事がセルフレスキューの最初の一歩です。 



気温も高く、たくさんカヌーがひっくり返った日でした(笑)

夕方からは札幌からチャールズリバー緑&赤さんの夕漕ぎタイム。



見る事の少ない緑チャールズリバーと所有者Oちゃん。


今日も綺麗な夕日が出てくれました。