2012年4月29日日曜日

ネイティブアメリカンとカヌー

カヌーの歴史はネイティブアメリカンの歴史といっても過言ではない。

アメリカ大陸に住むネイティブアメリカンが生きていくために必要不可欠だった船がカヌー。

新大陸発見で訪れたヨーロッパ人がカヌーの知識・技術をヨーロッパに持ち帰った事が

世界的に広まる最初のきっかけになったとも言われている。

元々ヨーロッパは「ボート」が主流の文化で

櫂(漕ぐ道具)が船に固定されていて、後ろ向きに進むというのが当たり前だった。

そんなヨーロッパ人がネイティブアメリカンのカヌーに出合い

カヌーの持つ機動性に衝撃を受けたといわれています。


そんなネイティブアメリカンのカヌーには様々な模様が描かれています。

「カヌーについて知りたければカヌー以外を知る事」

という事で今回購入した本は

「ノースアメリカンインディアンモチーフ」と

「インディアンデザイン」の2冊。




 模様だけがずら~っと並んでいる本です。





本当に色んなデザインがあるんですね。


・・・


 ・・・インディアンモチーフも色々という事で・・・(笑)

「ネイティブアメリカンについて知ろうとすることは、自分の心の中を旅することである」

(ネイティブアメリカンの名言より)

過去を知り、現在と比べ、未来を考える。

カヌーを通じて色々な事を考えるここ最近です。





0 件のコメント:

コメントを投稿