2010年7月29日木曜日

これは何だと思いますか?
実はカヌーの自作シートです。
アシルにはシートをつけていませんので外付けのシートを使います。


底には低い足が2つ付いています。のでカヌーの凸凹と噛み合いズレることがありません。


そして蓋を開けるとちょっとした荷物入れになっています。

元々カヌーにはシートというものがありませんでした。
そういった話は前から聞いていましたが、きっと販売されているシートの方が
使いやすいんだと思っていました。

ですが違いました!!

自作シートは、ニーポジションに違和感が無く、上半身が動かしやすく
カヌーの中のスペースが広い。
すべてにおいて自作シートの方がいい!!そう思います。

是非カヌー乗りの方にはこういったシートを使って頂きたい。




2010年7月27日火曜日

沙流川


今日は子ども向けのカヌーイベントで沙流川(さるがわ)に行ってきました。

少し水量が多く、流れも初めて乗る小学生には少し早いかなと感じましたが、

無事にゴールまで元気に漕いでいました。


2010年7月26日月曜日

眠る倒木の森

支笏湖の出口は「千歳川」ただ一つ。
その千歳川に流れ出す水の量を人間が調整するようになり
湖の水位が上がった。
その為、湖には長い年月生きてきた巨木達が眠っている。


そんな景色が支笏には山ほどある。

2010年7月25日日曜日

アシルデビュー

今朝の起床は3:50。
目が覚めてすぐに「アシル(ウッド&キャンバスカヌー)」のデビューだ!!と思った。
いよいよこの日が来た。
湖は驚くほど穏やかで進水式にふさわしい条件。

「これからよろしくな!」といい聞かせながら乗り込む。

アシルの特徴は16.5フィートのカヌーだがそう感じさせない舳先の細さ。
空荷のソロで乗ると不安定に思えるほどの浮力。
一度進みだすと滑るように動く余韻。
34kgの船体は初期安定こそグラつくが
一度乗ってしまえばその自重で安定し、ひっくり返りそうになっても自分で戻る自然なラインでできたラウンドボトム。


太陽の光に照らされ輝く内部は、美しいの一言。

最高の時間だった。

2010年7月23日金曜日

ウッド&キャンバスカヌー制作5

カヌー制作の最終回。どんな感じで仕上がったのか。
その前にちょっとだけ写真のダイジェスト。


初めて作るウッド&キャンバスカヌー。
地道な作業でコツコツと。
次の作業が文字情報では知っているが頭に絵として浮かばないので難航。

ひたすらカヌーを作った期間。
途中支笏に帰ったりはしたが、ほぼ一ヶ月南富良野で車中泊暮らしでした。

カヌー作り中には何度も感動の瞬間がありました。
言葉にできないほどの喜び。物を作る楽しさ。相棒の誕生。

キャンバスが貼らさると一気に風格がでてきた。
ここも私の中で感動の瞬間。

着々と完成に向け進む。

仕上げ方法は色々あるが、キャンバスそのものの見た目の良さ、
重量の関係で過度なコーティングはせず、オイルのみで仕上げた。

そして今日完成の日を迎えた。
南富良野を離れ、我がフィールド「支笏」にウッド&キャンバスを連れて来た。

私は本当に作ってよかったと思う。
途中何度も技術の無い私には無理だと思った。
それでもノコを動かしカンナをかけ続け、
こんなにも素晴らしいカヌーができた。
この経験は作った人にしかわからない。
どんなに知識があって技術があっても作っていなければわからない。

カヌー乗りはカヌーを作るべきだ。
私はずっとこのカヌーと歩んで行きたい。
「壊れたら捨てる」「新しい物を買う」そんな気なんて全く起きない。
直して使おう。そう思う。

私がいいと思う物は私だけの感覚に過ぎない。
でも私はそれでいいと思う。
他人に押し付けないし、強制しない。
そんな自己中心的な考え方で私は進んで行く。


名前: ASHILE(アシル)
全長:4m96cm
最大幅:95cm
重さ:34kg

2010年7月20日火曜日

ウッド&キャンバスカヌー制作4

オイルコーティング作業後、天候が悪く乾燥までに少し時間がかかってしまいましたが、
そこは慌てずにバーチバークカヌーの本を読みながらゆっくり過ごしました。

今日の作業はキャンバス貼り。
二つ折りにしたコットンキャンバス(エコバッグの生地)の中にカヌーをすっぽり収めます。
あとはカヌーとキャンバスの隙間がなくなるまでテンションをかけ釘止め。


想像以上に重労働でした。
先月末にカヌー作り1週間、そして今回今日で10日目。身体の色々な場所が悲鳴を上げ始めました。
手首・・・膝・・・手・・・とかが。

この時期例年であれば毎日一日中カヌーを漕いでいるのですが、それ以上に体が痛んでいます。

それだけカヌー作りというのは大変なんですね。

完成間近!!!!残る作業は後少し!!

早く乗りたい・・・

2010年7月19日月曜日

ウッド&キャンバスカヌー制作3

南富良野物語はまだ続いています。
形は出来上がり、全体をサンディングしました。


そして防腐処理でオイルを塗ります。
塗る事1時間半。


ウッド&キャンバスが輝き始めました。
次の行程はいよいよキャンバス貼り!!

完成間近!

2010年7月16日金曜日

ウッド&キャンバスカヌー制作2

写真なしですみません。
着々と進むカヌー作り。

私のような木工素人でも遠目から見ると美しいカヌーが出来つつある。

作りたい!!

と思ったのはもう2年ほど前だろうか。

犬ぞりツアーの手伝いをしながら、ノコギリのひき方を練習し
犬達の小屋作りをした。

そんな時期もあった。

カヌー作りはやる気だと心から思う。

自分に出来たんだからきっと技術的に出来ない人はいないと思う。

踏み出す勇気があればできる。

カヌーが出来上がって来て

本当に作ってよかったと思うこの頃。

2010年7月13日火曜日

カヌー制作報告

カヌー作りが着々と進んでいます。


美しいラインがウッド&キャンバスの特徴
センターヨークも初めて自作しました。


日に日に形が出来る未来の相棒。

2010年7月11日日曜日

ニセコにて


昨日ニセコ尻別川で水辺の安全講習会の講師アシスタントをしてきました。

ロープを使ったレスキューなど基本に立ち返るような

講習会で久しぶりに楽しめました。

今日から再び南富良野でウッド&キャンバスカヌー作り。

一気に完成させますよ〜!!

2010年7月10日土曜日

かのあロゴ


かのあのロゴをご紹介。

こんな感じになってます。

木のトンネルをカヌーで潜っている様子をデザインしてみました。

細かな所では、千歳や支笏湖で見かける事の多い

「オジロワシ」「カワセミ」「クマゲラ」などを描き込み

左の木は千歳市の木「カツラ」を入れています。

いかがでしょうか?



2010年7月7日水曜日

水温上がる



カヌー作りを一時的にストップし支笏湖に戻ってきました。

日曜日からまた行くんですが。

支笏湖も安定しない天気が続いていますが、水温も徐々に上がってきました。

休憩&昼食は適当な湖畔で。