2010年1月31日日曜日

トンネルの向こう

一週間落ち着かない日が続きましたが、とりあえず一段落。

今日から元のブログスタイルに戻ります。

話題は以前行ったトンネルの向こう側の話ですね。

こんなに引き延ばすほどのネタではないんですが(笑)


支笏湖畔には大きな岩がゴロゴロと転がり、まるで岩礁続きの海沿いのよう。

去年まで洞爺湖町に住んでいましたので、海で例えるなら

「礼文華」っぽい場所です(マイナーすぎか・・・)



岩に上ってみると、そこは自分だけの展望台。ボケ〜っとするには最適!!

下を覗く、何メートルあるだろうか。5mはあるかな。

ここが沖縄なら飛び込んでるな〜なんて思いながら、

飛び込まずに、そして落ちずに帰りました。


以前秋にカヌーで行った時の写真。

ほぼ同じ所です。

真っ白な雪の景色を見ながら秋の色づいた山を思い出していました。

支笏湖はただいま「氷濤まつり」開催中!!連日多くの人が支笏を訪れています。

本日気温−10℃/+3℃でした。


2010年1月25日月曜日

北側

久しぶりに雪が降りました。


早朝にいつも行く「エゾシカスポット」を本格的に渡り歩き


2つのグループ合わせて20頭前後が固まっている事がわかりました。


支笏湖北側の国道沿いの斜面をしっかり数えたらきっと100前後の


エゾシカがいる事でしょう。


そして夕方の空いた時間にこれまた北側のポロピナイ周辺を歩いてきました。


いつも写真を撮りにいくのは南側の不風死(ふっぷし)岳周辺なので


北側を歩くのは久しぶり。




砂浜の砂利も、湖畔の岩も、枝も、草も凍っている南側に比べ、


北側は局所的にしか凍っている所がなく、


同じ湖と思えないほど違う景色です。


雪が降った後なので強い風とともに


木に積った雪が風で飛ばされる一部分だけの吹雪。




波の穏やかな湖は久しぶりに見た気がします。


湖畔を進み続けると岩のトンネルが現れます。


ここから先は岩から岩へと進むアドベンチャーワールド。


次回、「湖畔の秘密基地、湖に落ちずに帰れたのか・・・」


今日は最高2℃ 最低-5℃でした。

2010年1月22日金曜日

シカ特集

先日も書いた通りこの時期シカを見る機会が多いので

シカ写真特集にしてみました。


目の前を駆け抜け


遠くで見てる。


今度は3頭。

まん中のシカは


かなり若いオスジカでした。

とまぁ場所によっては、30分で10頭は見ることのできる

冬の支笏湖でした。

本日最高気温−5℃ 最低気温−17℃でした。


2010年1月21日木曜日

スキーシュー美笛編

支笏湖周辺の滝は冬季間凍るものが多い。

その一つが国道沿いに看板のある「美笛の滝」

そこまで疲れず見ることができ、個人的にはとても面白い場所に感じます。

そしてこの滝の周辺が面白いのは「雪が降ってから」だと個人的には思っています。



車を止め、夏に道のあるところを進んでいくと

一本の小さな橋が出てきます。



といってもただの雪の塊ですが・・・

恐る恐る進む。

「この下は石か?空洞か?」

なんて探り探りの約20歩。

それをクリアできればあとは10分ほど沢沿いを進めば見えてくる。



凍った美笛の滝。

近くまで行ってみよう。




近づくと迫力あるな~

少し登ってみよう。

滝の切れ目から下を覗く・・・








綺麗だな~。

・・・この下空洞だ・・・

もし今崩れたら・・・

降りよう。

帰りは下り道。
沢沿いで斜面を横切るので、お得意のスキーシューで
沢に落ちないよう気をつけながら滑ってきました。

今日は最高-2℃ 最低-12℃です。

2010年1月18日月曜日

一人氷濤祭り

支笏湖南側の湖畔。

支笏湖は道路沿いに駐車スペースがほとんどない為、特に冬季間は湖畔に近づく人が少ない。

私が歩いた場所も見渡す限りエゾシカの足跡だけ。

地元の人に聞くと支笏のエゾシカが温泉街に、何のためらいもなく現れはじめたのは、
ここ3年くらいらしい。

その人から聞いた話によると、店の前に10年間大事に育てた「オンコ」があって、

3年前の冬、毎晩夜8時になると決まって店の前に現れるエゾシカ、

そしてオンコを食べる・・・

追い払っても追い払ってもやってきて結局・・・

10年育てたオンコは3日で死んでしまったという。

悲しい・・・

そんなエゾシカの多い冬の支笏湖畔。

自然が作り出す美しい氷像が、あちこちにありました。

凍った湖畔の石はとてつもなく滑り、何度転びそうになったか分かりません。

一人だった為、かなり強気で攻めました。
ココで転んだら間違いなく湖の中入るな・・・

車までもかなり遠いし低体温症になるかな・・・なんて考えながら撮った写真の枚数「370枚」

一握りだけ載せておきます。

今月末から「氷濤祭り」が行われますが、冬の支笏のイメージは今のところ間違えなく「氷」です。

2010年1月17日日曜日

千歳市立図書館

今日は千歳に買出しを頼まれ、そのついでに図書館に行くことを許された。

さすが地元の図書館と言うだけのことはあって、「支笏・千歳」の本は山ほどあり中々楽しかった。

今日見たかったもののメインは「松浦武四郎 夕張日誌」

三重県松坂市生まれの幕末から明治(1818~1888)にかけて活躍した探検家である。

今年の大河ドラマは私の大好きな坂本龍馬ですが、彼が生きた年代が1936~1867までと言うことで、

ちょうど同じ時代を生きていたことになる。

28歳から度々北海道(蝦夷地)を訪れ、数々の書籍を出版した。その一つが45歳のときに出版した「夕張日誌」。

この中に支笏湖周辺のことが記載されている。

分かりにくいところには、現代語訳が書かれている本だったが、所々で「うす」などの別の意味を連想させる言葉が出てくるので、混乱しながら読み終えた。

武四郎が見た蝦夷地はどんなものだったのだろうか。

未開の地「シコットー(支笏湖)」をはじめて見た時、どんな気持ちだったのだろうか。


ちなみに2年前ハイエースで三重、和歌山に1ヶ月滞在した時に、「松浦武四郎記念館」を見つけたが

入らなかった、次は是非行ってみたいものです。

2010年1月16日土曜日

朝カヌー

1月も後半戦に突入!!ちょっと早すぎやしないか・・・
ここの所、団体が入っていて、朝5時から朝食準備に終われ、食べ終わって片付けると、昼食準備。風呂掃除。昼食時間。昼食片付け。休憩。夕食準備。夕食。片付け。朝食準備。
とまぁ。慌ただしい毎日が終わりました。

その結果朝5時起きの体になってしまいました。

昨晩、明日の朝カヌーでも乗るかな〜なんて思いながら就寝。

思った通り4:45に目が覚める。

食パン2枚にジャム。インスタントコーヒーとお湯を持って5:15に真っ暗な外へ。

めちゃめちゃ寒い。そして暗すぎる。6:15くらいにならないと明るくならないんだから、せめて出発は6時でよかったな・・・なんて思いながら放射冷却の星空の元カヌーを準備。空はとても綺麗だった。

ここ最近のカヌースタート地点は山線鉄橋の下(千歳川)ここからだと湖がどんな状況なのか全くわからない。ただ無風なので大丈夫だろうと思った。毎日支笏湖温泉街から湖を見ているが、毎日荒れている(強白波)ならば朝を狙うべし!!という事もありこんな時間に出発している。

今日の気温 最高−7 最低−12 ちなみに昨日は−5/−18昨日じゃなくてよかった。
カヌーを浮かべ、ちょっと明るくなるまでコーヒータイムでもと思い、とてつもなく寒い中コーヒーを飲んだ、飲み終わった後の数ミリのコーヒーは一瞬で凍った・・・。

飲み終るとコーヒーを飲み終わるのを待っていたかのように強風。「こりゃダメだ・・・朝でもダメなのかい・・・」ここで粘る必要もなかった。日の出前の朝っぱらから本気漕ぎをする元気は無かったし、本気漕ぎといっても冬の本気は夏の50%くらいと自分で思っているから。

そのまま千歳川をパドルを放置し、のんびり流される。

ウソのように左右の斜面からエゾシカの鳴き声が聞こえる・・・

一体何頭いるんだか。そして間違えなく、私に向かって鳴いている気がする。

水鳥の羽ばたく音に驚かされ、シカの鳴き声にビクっとし、太陽が上り始めるまで凍えながら待機。

たまにはこんな朝もいいかな。

2010年1月9日土曜日

水の絵

寒くなったり暖かくなったりの繰り返しで、
いたる所につららができています。
青空の日はピカピカしていてとても綺麗!!
綺麗な「つらら」とは対照的に、荒れる湖。
目線を下げてシャッターを押してみたら
普段の目線とはちょっと違った感じの写真が撮れました。
今日の気温 最高0℃ 最低-8℃

2010年1月8日金曜日

ホームページ

ホームページ作りも着々と進み、独自ドメインの取得をはじめた。
残念ながら「canoa.com」他canoaだけでは、作るのが難しいと判明。
少しだけ伸びるが「gh-canoa」(gh=ガイドハウス)でやることにした。

canoa.co.jpならできたのだが・・・値段が高い・・・

とまあHPに詳しくない人なら、全くわからない話でした。

そして昨年末から札幌の中古車屋に頼んでいた中古ハイエースも見つかり、

いよいよハイエース購入!!

これで道外遠征も楽々いけるぜ!!

今日の気温は最高気温-2 最低気温-7でした

2010年1月6日水曜日

2つの絵本





最近は本もネットで注文できるので

買いたい本が決まっているのであれば

ネットも便利だが、ふら~っと立ち寄った本屋で

面白そうな本を見つけるものやっぱり楽しい。

2つ共、カヌーの絵本です。

絵本コーナーでも「カヌー」を探す私でした。

今日は最高気温2℃ 最低気温0℃でした。

2010年1月3日日曜日

スキーシュー2

適度に木があり、ちょうど良い斜度。そして支笏湖を一望できる景観。

支笏湖に来てすぐに見た紋別岳の写真は、

「スキーシューで遊ぶのに良さそうだな」と思わせる写真でした。

予想通りかどうか確かめに紋別岳へ。

道は誰かがラッセル(道作り)してくれていて、快調なスタート!

雪の量は十分!!

途中、ラッセルしてくれた人とすれ違う。
私が1時間前にスタートしていたら
私がラッセル部隊になっていたらしい。
何人かすれ違い、立ち止まって話をしたり、
野鳥の写真を撮ったりしながら、山頂を目指す。

山頂周辺、道なき道に変わった。
時間は夕方3:40分。
あと一時間で日が暮れる・・・
早く滑らなければ。


写真通りの最適な斜面発見。

いざ出発!!
始めのうちは斜度のおかげで滑っていたが、
ある程度下ると、斜度より雪の重さが勝り、
うまく滑れない。
重心を下げ滑って転んでの繰り返し。
沢沿いを歩いていると、登る途中にすれ違った
スノーボードのお兄さんとバッタリ!!
「いや~重いっすね~」
なんて愚痴りながら、二人スタスタと歩いてゴール。
苫小牧に住んでいて、冬はバックカントリー。
夏は支笏でカヌーなどもするらしい。
お互い名前を名乗り。いつかの再開を願ってお別れしてきました。
また会えるといいな~大都会じゃないんだし、
支笏にいればきっとまた会えるはず!!
明日は多分筋肉痛・・・
今日は最高0℃ 最低-6℃


2010年1月2日土曜日

降った!!



一気に来ました!!

午前中に雪かき2回・・・

笹も雪の中に全て埋もれました。

白銀世界。

しかし気温が高く、かなりのベタ雪。かなり重い・・・


雪像作りに適した固まりやすい雪質です。


しばらくプラスの気温が続くようなので、ベチャベチャになる気がします。

今日は最高気温3℃ 最低気温-2℃

2010年1月1日金曜日

2010


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

雪の日が続き、ここ数日で何センチ積もったでしょうか。
雪かきのペースも日に日に速くなっている気がします。
今年は大変なことも多いと思いますが、楽しい一年になりそうです。


今年の漢字は間違えなく「始」。
自分の「やりたいこと」が「自己満足」にならないように気をつけながら
頑張っていきたいと思います。
今日の気温最高1℃ 最低-2℃ 暖かな日は雪が重い・・・